未分類

通信ソフトウェア技術などを駆使した、電動アシスト自転車のレンタルシステム。

省エネなどで注目が集まる、市街地における電動アシスト自転車のレンタルシステム。当社が開発したシステムでは、まず事前登録したレンタル希望者が、充電スタンドに設置されているバッテリーをスマホで撮影。これにより「だれが、いつ、どこから自転車を借りたか」が記録されます。

降車地点の充電スタンドにバッテリーを返却すると、そのデータがWi-Fiを通して事業者に送られ、レンタル終了が確認できます。当社の得意分野の1つである通信関連のソフトウェア技術が活かされた開発事例です。

その他、産業分野でも、工場内の機械振動をセンサーでモニタリングして、万一異常な振動があった場合、振動数やグラフデータを管理者に無線で通知するシステムを開発しました。無線、PC画面表示などのソフトウェア技術を使った開発事例の1つです。

関連記事

TOP