Google Language API 有料化
2012/05/15(火) 16:27 はてブ情報 はてブに登録 はてブ数

ZaxてゆうjavaのZ-machineがあった。
https://github.com/mattkimmel/zax
でEclipseでソースをいじってみた。
目的はGoogle Language APIで出力文字を自動翻訳してみようかと。

Google API Translage Java - JavaからGoogle翻訳サービスを利用するライブラリ
http://code.google.com/p/google-api-translate-java/
を読んで、ソースをいじる。

JSONが必要との事なのでパッケージのフォルダ配置してインポート
http://www.json.org/java/
ソース変更し終えたので、API-keyとかがいるようなので、調べると..

Google Translate API v2 有料化
http://d.hatena.ne.jp/kskmeuk/20111115/1321286348

エー!!!。

で、microsoft-translator-java-api に変更。
https://code.google.com/p/microsoft-translator-java-api/

使ってみようMicrosoft Translator
http://gihyo.jp/dev/serial/01/wl-sdk/0038?page=1

でコードの中に 
// Enter your Windows Azure Client Id here
Translate.setClientId("Client Id here"); 
// Enter your Windows Azure Client Secret here
Translate.setClientSecret("Client Secret");
とあって、
Windows Azure Client Id(顧客ID)とClient Secret(顧客の秘密)を取得する必要がありました。

適当に取得しようと試してみるが、やり方がよくわからず。。
しらべると、以下に詳しく書いてありました。

http://www.crystal-creation.com/web-appli/technical-information/web-api/bing/translator/access-token.htm

つかってなかったHotmailのアドレスを復活させて、無事取得できました。

で、ZAXの出力は無事翻訳されましたが、ZAXのコンソールが日本語改行されず、スクロールバーやコマンド履歴とか無いのでいまいち。
SwingのJtextareaとか作り直すか?

zax

以下のz-machineとかよさげか?
http://zinc-if.sourceforge.net/

名前:  非公開コメント   

E-Mail(任意/非公開):
URL(任意):
  • TB-URL  http://www.cirlution.com/blog/adiary.cgi/039/tb/